グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 当院について  > 病院のあゆみ

病院のあゆみ

1971年
(S46)
富士市錦町1丁目4番23号の地へ基を定め、医療機関設立の準備体制に入る。
9月1日、診療科目を整形外科・外科・理学療法科・放射線科とし、病床数36床をもって、渡辺整形外科病院として開設。
1972年
(S47)
8月、病床数を43床に増床。
1973年
(S48)
健康保険医療機関、労災保険医療機関、身体障害者福祉法に基づく医療機関、結核予防法に基づく医療機関、生活保護法の規定による医療機関、および救急協力病院として指定を受ける。
1977年
(S52)
2月、病室、手術室、放射線ならびに理学療法部門の改善、充実強化を図るために増改築工事を行う。病床数を50床に増床。
1978年
(S53)
事務局へのコンピューターの導入、作業の能率化、患者サービスの向上を図る。
1981年
(S56)
2月、医療法人組織に改組し社団英志会とした。
初代理事長に渡辺英詩就任。
1983年
(S58)
4月、日本整形外科学会認定医制度による研修施設としての認定、ならびに千葉大学整形外科学教室の関連研修病院の指定を受ける。
1992年
(H4)
6月、リハビリテーションの拡充、ならびにより良い医療環境を目指すため、新館増築工事着工。
1993年
(H5)
3月、新館増築工事完成。磁気共鳴画像診断装置(MRI)を導入。
6月、新館完成。骨、関節センター専門医療施設として、より良い医療サービスが提供できるよう設備を拡充。
10月、渡辺整形外科病院より、渡辺病院に名称を変更。
1995年
(H7)
診療業務の拡充、緊急対応のため、臨床検査室を新設。
1996年
(H8)
9月、入院環境の充実を図るため、旧館病室内部改装工事を行う。院内感染防止を目的として、院内感染防止対策基準の承認を受ける。
1997年
(H9)
12月、CTスキャン導入、画像診断機器の充実を図る。
1998年
(H10)
12月、手術室の近代化を図るため、新手術棟を新館4階に増築、手術室はクリーンルームで2室となり、準備室、回復室とともに新しい充実した設備内容となる。
1999年
(H11)
12月、患者さまのニーズに応えるため、内科を新設。担当:宇野医師。
2000年
(H12)
院内バリアフリー化するため、トイレの改修工事を行う。
3月、旧手術室を改装し、病床数を60床に増床。
2002年
(H14)
4月、病院から在宅への円滑な移行を目的に、介護保険センターぱーむを開所。訪問看護、訪問リハ開始。
9月、デジタルX線画像診断システム(FCR)を導入し、患者さまの医療放射線被爆による負担の軽減、読影診断の向上を図る。
2004年
(H16)
2月、検査時間の短縮、画質の向上を目的に磁気共鳴画像診断装置(MRI)を新機種に更新。
2005年
(H17)
回復期リハビリテーション病棟着工。
5月、リウマチ科を開設。
2006年(H18)4月、施設基準、一般病棟入院基本料(13対1)の承認を受ける。
2007年
(H19)
4月、回復期リハビリテーション病棟として承認を受ける。病床数を90床に増床。(一般60床・回復期30床)
2008年
(H20)
4月、渡邉英一郎医師が理事長・院長に就任。前理事長・院長渡邉英詩が会長に就任。
8月、亜急性期入院医療管理料(Ⅰ)10床の承認を受ける。(急性期50床、亜急性期10床、回復期リハ30床)
2010年
(H22)
6月、さらに質の高いサービスを提供できるよう、施設基準、一般病棟入院基本料(10対1)の承認を受ける。
2012年
(H24)
回復期リハビリテーション病棟入院料2の承認を受ける。
2013年
(H25)
1月、南側駐車場部分に新病院建設ならびに旧館改修工事着工。
2013年
(H25)
9月、日本リウマチ学会認定教育施設の承認を受ける。
2014年
(H26)
1月、介護保険サービスにおける通所リハビリテーションを開設。
2月、新病院完成。
4月、新病院稼働開始に合わせ渡辺病院より、富士整形外科病院に名称変更。同時に電子カルテシステムを導入。
12月、旧館改修完了。病床編成を急性期58床、回復期32床に変更。
2015年
(H27)
11月、麻酔科を標榜。
2016年
(H28)
7月、地域包括ケア入院医療管理料1の承認を受ける。

このコンテンツをご覧いただくには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

このコンテンツをご覧になるためには、Adobe FlashPlayer® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。