グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 特色ある治療  > 自家培養軟骨移植術

自家培養軟骨移植術

自家培養軟骨細胞移植術が受けられるようになりました

当院では、自家培養軟骨を使用した最先端治療を導入しています。怪我やスポーツによる外傷性軟骨欠損や離断性骨軟骨炎による膝関節の痛みにお悩みの方は、ぜひご相談ください。


自家培養軟骨とは?

<自家培養軟骨>

 関節を滑らかに動かす軟骨には血管がないため、一度損傷すると修復が難しく広範囲の欠損には有効な治療法がないとされてきました。自家培養軟骨は患者さん自身から採取した少量の軟骨細胞をコラーゲンの一種であるアテロコラーゲンゲル内で4週間培養し、軟骨欠損部位に移植します。これまで難しいと言われていた大きな軟骨損傷の治療を可能にする最先端治療です。

 2013年4月に保険適応となり、厚生労働省が定める基準を満たした限られた医療機関での治療が可能となりました。このような医療機関は現在全国に約200施設ほどありますが、当院は2014年12月に認可を取得し、本治療が可能となっています。

適応となる患者さま

けがや交通事故、スポーツにより軟骨が損傷する離断性骨軟骨炎・外傷性軟骨欠損症