グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > お知らせ  > 手術用ナビゲーションを導入致しました

手術用ナビゲーションを導入致しました

手術用ナビゲーションを用いた人工膝関節置換術を導入しました。

手術用ナビゲーションシステムは、手術中、関節の形状や位置を計測・表示して手術状況を知らせ、最良な手術結果へサポートするシステムです。

例えると、自動車に搭載されているカーナビが現在位置や道案内を行い、安全運転を補助するのと同様です。

コンピューターや赤外線CCDカメラといった最先端の技術を利用して膝関節のさまざまな計測を行ない、患部の状況を1°/1mmの単位で画面に表示します。専用器械を用いれば計画通りのインプラントの設置のための正確な骨切りや靭帯バランスを実現することで、より正確で安全な手術を可能にします。


ナビゲーションシステム支援によるメリット

(1)より正確で安全な手術
(2)被爆の回避
(3)出血の減少
(4)MIS(最小侵襲手術)への対応