グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > お知らせ  > 地域包括ケア病床を開設

地域包括ケア病床を開設

平成28年7月1日より地域包括ケア病床(20床)開設致しました。


地域包括ケア病床とは?

地域包括ケア病床とは、手術や検査が終了した後、すぐに在宅や施設へ移行するには不安のある患者さまに対してしばらくの間入院療養を継続し、在宅復帰に向けての『準備を整える』ための病床です。
ご自宅等への退院準備をしっかり整え、安心して地域へお戻りいただけるようお手伝いすることを目的としています。

在宅復帰支援計画に基づき、主治医をはじめ看護師、専従のリハビリスタッフ、専任の医療ソーシャルワーカー等が協力し、患者さまの在宅復帰に向けたサポートを行っていきます。

地域包括ケア病床 入院対象者

在宅あるいは介護施設等に復帰予定で、入院治療により症状が改善、安定した後、もう少し経過観察や在宅での療養準備が必要な方を対象としています。

主治医が判断し、患者さま・ご家族に提案し、ご了解いただけた場合、地域包括ケア病床へ転床いただき、継続入院となります。
入院期間は状態に応じ調整いたしますが、限度は転床から60日となります。