グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 求人情報  > 先輩の声  > 病棟看護師 小柳亜弥

病棟看護師 小柳亜弥

 高校時代、両親のすすめで当院を知る。看護助手の頃から慣れ親しんだ当院で、途中3回の育児休暇を取りながら勤務を継続。2014年より回復期リハビリテーション病棟勤務に。

患者さまとのコミュニケーションは人生の勉強。

 当院のような整形外科では比較的元気な患者さまが多く、コミュニケーションする中で人生の勉強をさせていただけるのがいいですね。
 つい最近退院したある患者さまは、担当になった当初は不安や苦情ばかり口にしていたのですが、地道に一つ一つ解決に向けて手を尽くすうちに信頼していただけたのでしょう、やがてはこちらの体調を心配してくれるほど打ち解けてくださいました。退院する時には、お互い泣いてしまうほど。私の方が逆に癒されていましたよ。

アットホームで理解のある職場。

 私がいま働いている回復期リハビリテーション病棟では、患者さまが退院できるようになるまで回復を見届けられる達成感があります。安心して家に帰っていただけるようにソーシャルワーカーやPT・OTの皆さんと相談するなど、ひとりの患者さまのためにチームで動くことに、とてもやりがいを感じています。リハビリスタッフなど他科の方々も皆いい方ばかりで相談しやすいですね。長年ここで働いている方が多いせいか院内はアットホームな雰囲気で、新しく入って来る人もその中に自然と溶け込めて仲良くなっていきます。
 3人目を産んだ時はさすがにもう働けないかと思ったけれど、周りの皆さんが気遣ってくれて、保育園探しを手伝ってくれたり、子どもの通院時にはフォローしてくれたりしたおかげで、自分も頑張れました。理解ある皆さんで、本当に恵まれていると思っています。