グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 特色ある治療  > 膝前十字靱帯再建

膝前十字靱帯再建

膝前十字靱帯(ACL)とは?

膝前十字靱帯(ACL)とは膝関節の中にある靱帯で、運動するときなどに膝を安定させる役目をしています。 ジャンプ後の着地やサイドステップした際に損傷することが多く、ケガした瞬間に膝が外れたように感じ、「ゴキッ」「ポキッ」などの音を伴うこともあります。 また時間とともに膝が腫れてきて膝の曲げ伸ばしができにくくなります。
通常この症状は1~2週間くらいで改善し日常生活などは普通にできるようになりますが、スポーツ復帰したときなどに、膝が不安定に感じたり、膝が抜けるように感じたりします。 前十字靱帯を損傷したままで運動や生活を続けていると、半月板や軟骨といった膝のクッションの役割をする正常な組織が傷ついてきます。
前十字靱帯損傷からの時間が長ければ長いほど、膝が痛くなる、腫れる、引っかかるなどの症状がでやすくなります。


前十字靱帯(ACL)損傷の主な症状

「膝がぐらぐらする」「膝に力が入らない」「膝が完全に伸びない、正座ができない」「走ったり、激しく動くと膝が抜ける」「膝が腫れて、熱をもつ」など。

治療の流れ

当院では、競技レベルで活動する選手から趣味でスポーツを行っている愛好家まで、前十字靱帯損傷の治療を専門的に実施しています。 以下に、診察から手術、リハビリの流れを説明します。
診察
専門のスポーツ整形外科医が診察します。 ケガをしたときの状況を聞き、膝の状態の診察(靱帯が切れているか、痛み、腫れ、熱感があるかなど)、MRI(必要に応じて)などの所見から総合的に診断します。

診断
現在の膝の状態を説明し、御本人の希望や目標を元に治療方針を話し合います。 膝の不安定性、競技種目、競技レベル、復帰したい時期、等を検討し、手術をしない保存療法、靱帯縫合術、靱帯再建術などの治療方針を決定します。 必要があれば、膝の動きや筋力を回復させるためにリハビリ(理学療法)の指示がでます。

リハビリ          手術          
リハビリはスポーツ整形外科を専門にしている理学療法士が担当します。 前十字靱帯を損傷した後、膝の曲げ伸ばしが固くなったり、大腿の筋肉(大腿四頭筋)がやせて力が入り難くなる場合があります。 このような状態では日常生活に支障をきたしますが、適切なリハビリを行えば通常2週から1ヶ月ほどで日常生活はもちろん、ジョギングなどの軽い運動は出来るようになります。 この時点で、もう一度受診し今後の方針を話し合います。前十字靱帯の再建術が決まった場合のおよその日程を説明します。 当院で実施している前十字靱帯の再建は、半腱様筋という大腿の後ろの筋肉の腱を使用する方法、膝蓋腱という膝の皿と脛骨を繋ぐ腱を使用する方法、腸脛靱帯という大腿の外側に走る腱膜を使用する方法から患者さんの状況に応じて選択します。 手術は内視鏡にておこないます。

                       リハビリ
手術後は個人個人で筋力などの膝の回復度合いは違いますので多少前後することはありますが、およそ以下のようなスケジュールとなります。
手術日前日より入院、手術翌日からリハビリ開始となります。 リハビリは基本的に痛みや不安感のない範囲で進められ、けっして無理のないように行われます。 リハビリ室では膝の関節可動域訓練、筋力訓練、歩行訓練を中心に行います。 手術後の膝や、靱帯の回復状態は個人差があるため、スポーツ整形外科医と理学療法士が、それぞれの患者さまにあったメニューを作成し実施していきます。
リハビリ室ではリハビリ開始当初から痛みや不安定感のない範囲で体重をかけていき、通常1~2週で杖や装具がなくても安定した歩行が可能になります。 日常生活レベルの活動(通勤、通学、階段昇降など)は3~4週で可能となります。

                         退院  
退院時期はリハビリの進度や生活環境、本人の希望によって差があります。松葉杖をついて手術の2日後には退院される方から、 充分な筋力の回復と早期の競技復帰を目指して術後1ヶ月以上入院してリハビリを続ける方まで様々です。 基本的にご本人の意向に沿うように調整しております。

経過
4週前後で自転車エルゴメーター、8~10週でジョギングが可能になります。競技の種類にもよりますが、 5ヶ月頃より軽い(スポーツ)練習を開始し、9ヶ月頃より競技復帰という形になります。

以上、前十字靱帯損傷の治療の流れを説明しました。前十字靱帯損傷といっても患者さまにより症状は様々で、 膝を捻った後、前十字靱帯の損傷に気づかずに生活している人も多いようです。 また、膝の違和感や不安定感を感じながらもそのままにしている人も多く見受けられます。 個人で簡単に判断せず、専門の機関を受診することをおすすめします。