グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




機能回復訓練

治療の早期段階から理学療法士がつき、手術する患者さまには術後の変化を説明するなど、身体機能面から精神面までサポート。生活環境や心理状態に合わせて訓練を行い、退院後の住居環境づくりまで携われます。広い訓練室には、靭帯損傷に詳しい者、腰痛の専門家など多彩なスタッフが常駐しており、長期のリハビリ生活を患者さまと共に乗り越えます。

リハビリ対象疾患
変形性関節症、肩関節周囲炎、肩腱板断裂術後、四肢の骨折、圧迫骨折、腰痛、スポーツ外傷(前十字靱帯断裂、前距腓靭帯断裂)など。


当院で実施しているリハビリテーション

外来リハビリテーション

外来のリハビリとは早期に主目標を達成し、より高いレベルに到達するため入院リハから継続して、もしくは他院からの紹介などを通じ、当院の医師によってリハビリが必要とみなされた方に行うリハビリを指しています。
ただし漠然と維持目的のために実施するものではないので、目標を決めて、一定の期間実施することにしています。

急性期リハビリテーション

急性期リハビリテーションとは受傷後または手術直後から早期にリハビリを行います。
受傷後または手術直後から早期にリハビリを行うことで早期の自宅退院、社会復帰、などの日常生活動作の拡大を行います。

回復期リハビリテーション

回復期リハビリテーションとは、病状が安定している方の専門的かつ集中的なリハビリテーション医療サービスを行う医療保険制度上の病棟です。早期から積極的にリハビリテーションを行い、ADL(日常生活動作)能力向上を促し、自宅復帰、寝たきりの予防を図ることを目的としています。

地域貢献

野球肘

野球肘の早期発見を行うため、富士・富士宮地区を対象とした少年野球チームの検診を年一回、ボランティアで行っています。

新人・学生教育

プリセプターシステムによる研修制度を設け、スタッフの教育、質の向上にも力を入れています。
静岡県を中心とした理学療法士、作業療法士養成校の実習地ともなっています。

クリニカルパス

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。